溶射加工

HOME > 溶射加工:溶射加工について

溶射加工のカテゴリーを選んでください。

溶射加工について

溶射とは

溶射とは、皮膜を形成するコーティング技術の一種です。

燃焼ガスやプラズマ等を熱源として、材料を加熱し融し、これを、ガスまたは、圧縮エアーにより母材表面に吹き付けるという技術のことを溶射と呼びます。
燃焼ガスやプラズマ等を熱源として、コーティング材料を、加熱により溶融もしくは軟化させ、微粒子状にします。それをガスまたは、圧縮エアーにより加速し被覆対象物表面に衝突させて、扁平に潰れた粒子を凝固・堆積させます。

溶射を行うことで、耐久性の向上、寿命の向上、性能の向上など多くのメリットを付与します。
各種産業機械やシステムは、極めて苛酷な環境や条件にも耐えうるように設計する必要があります。その意味で“溶射”は製品性能に欠くことのできない表面改質技術です。
溶射技術は、防せい・防食に対する鉄鋼構造物などの基材保護及び化学機器装置などの耐薬品に対する環境遮断を目的とした溶射と、各工業分野の設備、装置などにおける耐摩耗、耐熱遮熱、絶縁などを目的とする機能的な溶射に区分されます。

溶射の特徴

耐摩耗性の向上
「摩耗を防ぎたい」「摩耗してかなりすり減っている」
そんな場合に溶射をおすすめします。
磨耗にあった溶射材の選定とお客様のコストメリットが最大限に引き出せる様ご提案させていただいております。

すり減った箇所に肉盛りをして、耐摩耗性を高めることも可能です。



防食・防腐食
溶射加工を行うことで、錆や腐食から守ることが可能です。
「材料が腐食してしまう」「製品が錆びる」
そんなことでお困りの場合は、溶射加工が最適です。


耐熱・遮熱
一部分だけ耐熱金属や遮熱材料で保護したい。又は溶けた金属内で金属製品を使用したい時には溶射が便利です!


遠赤外線・絶縁通電
非磁性な物に磁性合金を溶射して電磁調理器にかかる様にしたり、絶縁素材や通電素材を表面に処理する事によって電気の流れを変える事が出来ます。