溶射加工

HOME > 溶射加工:溶射手法

溶射加工のカテゴリーを選んでください。

溶射手法

ガス溶射

ガス溶射は1本の線状やロッド状のワイヤーを、酸素:燃焼炎により溶射材を溶解し、圧縮空気により微粒化した溶射材を母材表面に吹付ける溶射法です。


特徴
・設備が簡易的な為現地工事に適しており動かせない素材への溶射が可能。
・アークに比べて表面粗度が細かく、高硬度な皮膜が形成される。
・低温溶射の為被溶射材が変質・変化せず施工可能。
・アークに比べてクロム、カーボンの損失が少ない皮膜が形成される。
・熱交換器ゃ橋、鉄橋等の鉄鋼建設物の長期防食に大いに利用されている。

アーク溶射

アーク溶射法は、2本のワイヤーに電圧をかけてアークを発生させ、そのエネルギーで、ワイヤーを溶解し圧縮空気で微粒子化し、素材面に吹付け皮膜を形成します。

特徴
・2本の異種金属、合金線を利用し疑似合金皮膜が形成出来る。
・線材金属であれば、全て溶射可能。
・低温溶射の為被溶射材が変質・変化せず施工可能。
・形成皮膜がポーラス状である為気孔に油保有性に優れ摺動摩耗性が向上される。
・大物母材や厚盛が可能、又現地工事も可能。

プラズマ溶射

プラズマ溶射は、溶射ガン内部に対向して置かれた陰極と陽極の間に電圧をかけて直流アークを発生させ、アークによって、作動ガスを電離させて高温の熱プラズマを作ります。
プラズマにより、ガスを急速に膨張させ、高温・高速のジェットとしてプラズマフレームが形成されます。


特徴
・極めて高温(10,000℃以上)である為、高融点のセラミックも溶射可能です。
・溶解せずに分解や気化するような物質を除けば、どのような材料でも溶射可能です。
・被膜は高密度で、基材との密着性が良好。