研磨材を圧縮空気や遠心運動を利用して製品に吹き付ける方法です.この研磨材の種類によって様々な表面様子を変える事が出来ます.クリーニングや下処理といった場合には,基本的にはセラミックの研磨材を使用しますが,樹脂・重曹・ガラス等を用いる事でまた変わった表面を作る事が出来ます。


ブラスト材料としてはスチールショットやスチールグリット、カットワイヤー、ガラスビーズ、アルミナなどがあり、当社では主としてアルミナを使用しています。
実際の加工にあたっては用途に応じた適切な材料・方法を選択することが非常に重要です。
使用する材料により、サンドブラスト、アルミナブラスト、ショットブラスト、ガラスビーズブラスト(GBB処理)と呼び分けますが、サンドブラストおよびショットブラストと言う呼び方は必ずしも使用する材料を特定するものでなくブラスト加工全般をさす場合も多く、発注する場合は確認が必要です。


こんな時におすすめです
・メッキを剥離したい
・酸化物を除去したい
・異物や汚れで使用できなくなった物を蘇らせたい

基本的には溶射の下処理として使用していますが、ブラストだけでも色々な研磨材の種類や方法で様々な表面処理が可能です。